ABOUT

 

 

Brand Concept

Spirit of EDYA was born in Land of Rising Sun
Now, EDYA  is blooming  from The Pearl of The Orient Sea.
(EDYAのスピリットは日出づる国で生まれ、海を渡る。
そして東洋の真珠の地で返り咲く)
 
EDYA1929 began when a lone Kimono laden with a dramatic history crossed the seas. Together with local artisans the pieces from Edya1929 are meticulously made using carefully unravelled vintage obis and kimonos. 

(EDYA1929は数奇な運命を辿り海を渡った一枚の着物から始まりました。EDYA1929の商品はヴィンテージの着物や帯を一枚一枚丁寧に紐解、職人の手により誕生しました。)

 

Founder&Designer of EDYA1929

Yumi Christina Sakamoto 

フィリピン人と日本人の両親の間に産まれ、子供時代をを南国フィリピンで過ごす。 

現地のインターナショナルスクールを卒業した後19歳の時日本へ単身帰国しファッション専門学校ESMOD JAPONに進学しファッションの道へ。 

卒業後は東京をベースに企業デザイナーとして主に外資系アパレルブランドの日本企画やアジア企画に携わる。日本から海外へ、海外から日本へ。グローバルな視点でのファッション経験をつむ。幅広い経験によりフォーマルなデザインだけではなくカジュアルラインの経験も活かした斬新かつ美しいデザインは今へと繋がっている。 

2019年第二の故郷フィリピンに活動拠点を移す。そしてルゾン島南部の町で出会った1枚の着物をきっかけに2020年3月スローファッションブランド、EDYA1929をローンチ。

ブランド名EDYA1929は曽祖父が日本は神奈川県逗子市で営んでいた店、創業創業1929年の江戸屋が由来。 

フィリピンの自然や海、ゆったりと流れる南国特有の時間の流れ、スペイン・中国の影響を受け独自に進化したオリエンタルなムード、そして祖国日本の着物文化がクリエーションの根源となる。 

現在はファッション以外にもウェブやグラフィックデザインの分野に置いて現地のデザイナーと日本の企業を結ぶ役割もしている。